お店でドッグフードを購入するときに確認しておきたいこと

スーパーやホームセンターには色々なドッグフードが販売されており、どんな商品があるのか見てみたいという人にはちょうどいいのではないでしょうか。商品についてよく知らない人でも、実際のお店でなら実物を見ることができるので品物が選びやすいという利点があります。自分の愛犬に合うドッグフードを買いたいという時は、どんな点に着目するといいでしょうか。

商品が目の前にあると、隅々まで見て取ることができます。例えば、価格帯も商品の雰囲気もよく似た感じの、異なるドッグフードが売っていることがありますが、差は何でしょう。成分が同じなら違いはないようにも感じますが、原材料や成分比率が異なる場合があります。似たようなドッグフードが複数種類並べられている場合、成分表示の欄に違いはないかチェックしてみるといいでしょう。

ドッグフードごとに、摂取できる栄養素の量が違っていることがあります。お手頃価格のドッグフードに、目当ての成分がわずかしか入っていなければ、安さの分を得したことにはなりません。価格に見合った成分量のドッグフードかどうかは、商品を選ぶ際には特にポイントにしたい点です。

酸化防止や腐敗防止、錠剤の形を維持するためなどにドッグフードには色々な添加剤が使われますが、添加剤は少ないほうが望ましいものです。成分表示の欄には、割合が高いものが先に書かれていますので、添加物が最初のほうに記載されているなら大量に入っていることがあります。店頭でドッグフードを選ぶ場合、できるだけ添加物の配合量が少ないドッグフードを選ぶようにしましょう。

トイプードルにオススメのドッグフードは?