紫外線のダメージを受けた肌をスキンリペアする方法

肌が紫外線や乾燥した外気、強い日差しなどの刺激を受けてしまった時にスキンリペアする方法があります。お肌はわずかな刺激でも負担になりますので、スキンリペアをきちんと行いましょう。一旦肌荒れがひどくなると、元通りにすることは困難ですので、こまめにスキンリペアを施しておくことが必須になります。

スキンリペアの基本は、毎日のスキンケアをきちんと続けて肌をいたわることにあります。肌への負担が蓄積すると、肌の乾燥が進んでガサガサになってしまったり、弾力が失われてたるみやしわが深くなったり、毛穴が開いて黒ずみが目につくようになるなどの問題が起きます。汚れが残っていると肌への負担になりますので、帰宅後は正しい洗顔ケアで、肌にこびりついている汚れをきれいに洗い落とすようにします。洗顔はスキンケアの基本となるポイントですから、これをまず丁寧にすることが大切です。

洗顔ケアを終えたら、基礎化粧品を使った保湿をして、肌に水分を補います。みずみずしいお肌でいるためには、肌を乾燥させないように、水分や保湿成分を十分に肌に与えることです。水分を蓄えた肌が乾燥しないよう、しっかり水分を含ませた皮膚を保湿クリームで覆い、水分が出ていかないようにします。スキンリペアをきちんとしておくことで、ターンオーバーの状態がいい肌になりますので、みずみずしい皮膚の生成を助けます。

傷んだ肌でもスキンリペアでみずみずしい状態を取り戻すことができるように、肌に合うスキンケアを行うようにしましょう。

【エイジングケア虎の巻】肌老化の原因と今スグできる対策法はコレだ

コメントを残す